ガス抜き 体操

便秘のガス抜き体操

便秘でお腹に溜まってしまうガスを上手に抜くためには、どうしたら良いかというと、便秘のガス抜き体操をするといいです。 とっても簡単なので毎日続けられますよ。

 

まずまっすぐに立って、両手を腰につけます。 そしてそのまま左右に目一杯上半身をねじります。 それぞれに10回ほどします。

 

そして次に仰向けに寝て、片足を立てて、立てた足とは反対に上半身をねじります。 これも10回ほど左右繰り返します。

 

それから、今度は両足を伸ばし、片方の膝を両手で持つようにしてゆっくりと胸に引き付けます。 5秒ほどキープしたら反対の足も同じように、これを交互に10回繰り返します。

 

今度は椅子に座り、両方の手のひらをおへその上において、深呼吸をしながら、息を吐くときにおへその回りを時計回りになるようにして手を滑らせます。 これは5回くらいですね。

 

早い人はこれらの運動をしている途中でお腹がグルグルとしてきます。 頑固な便秘の人ははじめのうちは効果を感じないかも知れませんが、毎日続けるうちに効果が現れます。

 

全部の体操をしても10分かからないので、寝る前に行うようにすると翌朝には便意があってすっきりとした状態になれるようになります。 毎日継続することで、少しずつ改善していくことができますから、根気よく続けていきましよう。

 

こうした体操と一緒に食事の改善や、毎日の水分摂取などを続けるようにすれば、便秘や便秘によるガス溜まりを改善していくことができますよ。 腸内環境を整えるサプリメントなどを併用すると更に良いです。 便秘は年齢や性別関係なく悩まされてしまうものですから、きちんと取り組んでいきましょう。