便秘 ガス お腹が鳴る

便秘でお腹が鳴る

便秘でおなかが鳴ってしまって、おなかが空いたのかと間違われてしまったりすることがあります。

 

便秘でおなかが鳴るのはどうしてかというと、ガスが貯まっているからです。

 

貯まったガスをきちんと出してあげていれば問題ありませんが、これが出来ていないとガスが腸の中であっちにいったりこっちにいったりして移動をします。

 

そのときにガスの動きによって腸も動くので、おなかが空いたときとは違ってボコ、ボコと音が出てしまうんです。

 

どうやって予防すれば良いのかというと、これは便秘を解消するほかに方法がありません。

 

最近はガスによるボコボコとした音を予防してくれる薬が販売されているので、そういったものを使うのも良いと思いますが、あくまでもこうした薬は一時的に解消するためのものであって、常用したからといって根本的に治るわけではありません。

 

オリゴ糖サプリメントなどを利用して、腸内環境を整える事を意識しましょう。

 

 

もしガスが貯まっているな?と思ったら、少し時間があるときにおなかをマッサージしたり暖めたり、腰を左右に捻ったりするだけでもガスが出やすくなるので、お手洗いに行ったときにガスが出てくれます。

 

我慢することなくしっかり出してあげれば、便秘でおなかが鳴ることを防げるし、便秘そのものも徐々に解消されていきます。

 

 

会議中や電車の中でおなかが鳴ってしまったらとても恥ずかしいですよね。

 

常に心がけてガスをためないようにしましょう。

 

便秘が酷いからといって食物繊維であるごぼうなどを沢山食べてしまうとガスが貯まりやすいので、食事にも注意しましょう。