過敏性腸症候群

過敏性腸症候群

会社の会議中や車の運転をしているときに、急にお腹が痛くなってしまって、困ることがありますよね。

 

何度もトイレに駆け込まなくちゃいけなくて、会議を中断しなければならなかったりするので、それがまたプレッシャーになってしまい、すぐにお腹が痛くなることを繰り返してしまうことがあります。

 

これは過敏性腸症候群の症状である可能性があります。過敏性腸症候群は現代の若者に増えている病気です。

 

過敏性腸症候群になると、何かの拍子に一度お腹が痛くなってしまい、トイレに駆け込むような経験をすると、同じ状況になったときにどうしよう…またお腹が痛くなったら困るな…と思うだけでまたお腹が痛くなってしまいます。

 

多くの場合は下痢の症状ですが、反対に便秘をしてしまう人もいて、その場合にはとても苦しくなるし、トイレに行ってもコロコロした便しか出なかったり、全く出なかったりすることもあります。

 

主な原因は精神的なものとなっていて、同じことを繰り返したくないと不安になってしまうことで便意が起きてしまいます。

 

便意は急にくるので我慢することができず、何度もトイレに行かなくてはいけないので周りの人の目も気になるし、とても悩んでしまいます。

 

病院に行っても異常は見つからず、精神科で診断されるまで病名がわかりません。

 

過敏性腸症候群の人はどんどん増えていて、悩みが膨らみ、仕事に行けなくなってしまう人もいます。

 

早めに病院に行って診断を受けて、薬を飲んで治すようにしましょう。治療には時間がかかるので、完治よりもうまく付き合うことを考えなければなりませんね。

 

過敏性腸症候群の症状はストレスの軽減や生活習慣の見直しで改善される可能性があります。

 

とはいえ、生活習慣を変えるのは簡単な事ではありません。無理に生活習慣を変えようとストレスを抱えていては本末転倒です。

 

そういう場合には、健康食品に頼ってみるのも方法の一つです。過敏性腸症候群の原因を完全に取り除く事は出来ないかもしれませんが、症状の緩和や対症療法が期待できます。

 

健康食品は手軽に摂取できるものが負担にならず継続していく事が出来るので、そのような物を選びましょう。