便秘 悪玉菌

悪玉菌を減らしてガスを解消

腸内に悪玉菌が貯まってしまうと、ガスや便を排出する機能が衰えてしまうので、便秘になってしまいますよね。

 

便秘を解消するために、色々な運動をしたり、食物繊維を沢山摂取したりしてある人もいると思いますが、悪玉菌が減らなければガスがいつまでも腸内に滞留してしまうので、お腹が張って苦しいままになってしまいます。

 

悪玉菌を減らすには、テレビなどでもお馴染みの乳酸菌が一番効果があります。

 

ヨーグルトでもいいし、サプリメントでも良いと思います。

 

ただ、乳酸菌は胃酸で分解されてしまうことがあるので、そこに注意して購入するようにしましょう。

 

また、他には食事で酵素を含むものを沢山食べるのも効果があります。

 

酵素は悪玉菌や活性酸素を減少させてくれるし、血行を促進して腸の働きを良くしてくれる働きも持っています。

 

キムチや納豆、お酢、生野菜や果物などに酵素は沢山含まれているので、積極的に食べるようにすると良いでしょう。

 

悪玉菌が多くなるとガスや便が貯まるだけじゃなくて、腸の働きが悪くなることで腸閉塞になってしまったりすることもあります。

 

悪玉菌を減らしてガスを解消することで、便通がスムーズになり、お腹が苦しくなるようなことも減るので、様々な方法で悪玉菌を減少させましょう。

 

善玉菌を増やすためにも、乳酸菌や酵素の摂取、そして適度な運動を取り入れていくと良いですね。

 

ガスが貯まってしまい、予期せぬ場所やタイミングで出てしまったら困りますよね。